胸を残してお腹を痩せるには脂肪吸引しかない!? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

祝日診療 木・日曜日休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

胸を残してお腹を痩せるには脂肪吸引しかない!?

痩身・ダイエット

胸を残してお腹を痩せるには脂肪吸引しかない!?

脂肪吸引をしたことのない方は、出来る限り脂肪吸引の手術に頼らずにダイエットで何とかしたい!とお思いの方が多いのではないでしょうか。しかし、ダイエットではどうしても出来ないことがありますのでご紹介します。

それは
「部分痩せ」です。

人間の体は痩せる順番が決まっていると言われています。脂肪の種類で言いますと、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が燃焼されやすいわけですが、皮下脂肪の中でも部位によって燃焼される順番が決まっています。勿論個人差はありますが、概ねこの決められた順番に沿って脂肪は燃焼されますので、その順番に逆らって“ここだけ”といった部分痩せは理論上難しいと言われています。さて、気になる痩せる順番を見てみましょう。

1. ふくらはぎ
2. 腕
3. 肩
4. 太もも
5. 胸
6. お腹
7. 腰
8. お尻

そう!お気づきの方も多いかと思いますが、ウエスト周りのお腹や腰よりも先に胸の脂肪が燃焼されるのです。脂肪はエネルギーの貯蔵庫ですので、生命維持にとって重要でない部位から順に痩せると言われています。その為、内臓の周りの腹部や腰あたりの脂肪は最後まで燃焼されにくいようです。また、逆に太る場合は、痩せる順番の逆だそうです。


つまり、バストの脂肪量を維持したままお腹や腰の脂肪を減らしたい場合はダイエットでは難しいということになります。そんな時に活躍するのが、ダイレクトに希望の部位の脂肪を減らせる脂肪吸引です。ただし、腹部は皮下脂肪ではなく内臓脂肪の場合もあるので、一度カウンセリングで医師に相談してみることをお勧めします。因みにですが、内臓脂肪の場合は、脂肪吸引できない脂肪になりますので逆にダイエットに励むしかないです。頑張ってください!

以下は、セルポートクリニック横浜でご提供する治療の情報となります。

  • 0120-360-489

    祝日診療 木・日曜日休診

    診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!
記事監修:中山玲玲医師プロフィール詳細
中山玲玲医師

専門分野
乳房再建、形成外科一般

専門医
日本形成外科学会認定 形成外科専門医

所属学会
日本形成外科学会日本美容外科学会日本創傷外科学会日本レーザー医学会