レントゲンなどで豊胸したことがバレるの? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

祝日診療 木・日曜日休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

レントゲンなどで豊胸したことがバレるの?

美バスト・豊胸

レントゲンなどで豊胸したことがバレるの?

脂肪注入が見た目や手触りが自然というのはよく聞くけれど、レントゲンなどの検査でも分からないものなの?という疑問もあるようで、確かに各種美容外科のホームページを覗いてみてもあまり触れられていませんから疑問のまま残っているのですね。

①レントゲン

そもそも、CAL脂肪注入ではまんべんなく脂肪注入を行い、注入された脂肪は生着すれば身体の組織の一部となりますので、レントゲンで元の脂肪組織と注入した脂肪組織を見分けることは難しいです。しかし、脂肪注入によって生じた小嚢胞がレントゲンに写りますので、判別できます。

②超音波検査(エコー)

超音波検査(エコー)では、レントゲンよりも細かく部分的に観察できるので、レントゲンより判別しやすいと言えます。また本来脂肪のつきにくい場所に脂肪が生着しているといったことからも、脂肪注入を行ったことは判別されることもあります。

そもそもの話になりますが、脂肪注入によってできる小嚢胞が見分けられるという事実は医学の進歩による良い結果です。脂肪注入をするとがんと見分けがつかず、がんを見つけられないといった時代もあり、当時はこのことが脂肪注入による豊胸のデメリットのひとつとされていました。
とは言え、検診を受ける際は必ず豊胸手術のことを申告して受診することをお勧めします。近年、脂肪注入による小嚢胞と、がんの見分けはつけられるとは言われているものの、診断の際に予備情報があることに越したことはありません。健康があってこそ、素敵な胸で素敵な生活が送れることをお忘れなきようお願い致します。

以下は、セルポートクリニック横浜でご提供する治療の情報となります。

  • 0120-360-489

    祝日診療 木・日曜日休診

    診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!
記事監修:中山玲玲医師プロフィール詳細
中山玲玲医師

専門分野
乳房再建、形成外科一般

専門医
日本形成外科学会認定 形成外科専門医

所属学会
日本形成外科学会日本美容外科学会日本創傷外科学会日本レーザー医学会