脂肪吸引したところがボコボコにならないの? |「美女力アップ」記事

0120-360-489

祝日診療 木・日曜日休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

脂肪吸引したところがボコボコにならないの?

痩身・ダイエット

お腹をつまむ写真

インターネットで「脂肪吸引 失敗」を検索するとよく話題にあがるのが、吸引部の凸凹。これってどういうこと?対処法はあるの?と不安になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ご安心してください。吸引部のボコボコ化は、原因を正しく理解していれば防ぐことの出来る症状の為、問題ありません。

①まんべんなく丁寧に脂肪吸引を行う

まずは、「脂肪を吸引するとはどういうことなのか」ということからご説明。そもそも脂肪組織というのは、0.1㎜以下の脂肪細胞がそれぞれ毛細血管で繋がって存在している組織です。とても柔軟な組織ですが、決して液状のものではありません。これを細いカニューレで吸引していきます。イメージとしては、固めのゼリーをストローで表面を削っていくようなものと考えて頂けるとよいのではないでしょうか。液体ではないので、当然のことながら吸引した部分は凹み、吸引しなかった部分はそのまま残ります。つまり“まんべんなく”吸引することがとても重要です。その為、とても抽象的ですが、まんべんなく丁寧に脂肪吸引をすれば防ぐことができます。

②吸引しすぎない

「え!?皮下脂肪は全て吸引してくれるのではないの?」と思ったかもしれませんが、脂肪は体内部の組織達を守るクッション機能としても存在している組織です。脂肪吸引では、その脂肪層を薄くするわけですから、吸引しすぎれば当然内部の筋肉などボコボコした表面が目立ってきてしまいます。つまり、ボコボコにならない程度の吸引しかしないことが、実は脂肪吸引において重要になります。吸引量だけにこだわると、吸引部がボコボコといった本末転倒な結果を生み出しかねませんのでご注意を。

さて、ご参考になりましたでしょうか。以外な事実もあったと思いますが、正しい知識が良い結果を生み出します。皆様も脂肪吸引で美しいボディラインを手に入れて下さい。

以下は、セルポートクリニック横浜でご提供する治療の情報となります。

  • 0120-360-489

    祝日診療 木・日曜日休診

    診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!
記事監修:中山玲玲医師プロフィール詳細
中山玲玲医師

専門分野
乳房再建、形成外科一般

専門医
日本形成外科学会認定 形成外科専門医

所属学会
日本形成外科学会日本美容外科学会日本創傷外科学会日本レーザー医学会