シリコンバッグ豊胸で挿入位置を選ぶってどうすればいいの? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

祝日診療 木・日曜日休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!

シリコンバッグ豊胸で挿入位置を選ぶってどうすればいいの?

美バスト・豊胸

Dummy

シリコンバッグ豊胸の場合に、シリコンバッグの挿入位置が複数パターンあることをご存知ですか?「位置もなにも、胸にいれるんでしょう!?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、胸にも色々な組織があります。シリコンバッグの挿入位置によって結果も異なりますので、今回は3つの挿入位置についてご説明したいと思います。

■大胸筋下法

3つの挿入位置の中で身体の一番深い位置が、この大胸筋下法になります。大胸筋は乳腺の下にある筋肉でその筋肉を剥がして、その下にシリコンバッグを挿入します。この方法では、身体の深い層に挿入されている為、見た目や触った際にもシリコンバッグの存在が分かりにくいというメリットがあります。その為、痩せ型で皮下脂肪が薄い方にお勧めです。デメリットとしては、筋肉を剥がす為、術後の痛みが強めで、大胸筋に力が入った状態の際には硬さが現れやすいという点が挙げられます。

■大胸筋筋膜下法

大胸筋を覆っている筋膜を剥がして、その下にシリコンバッグを挿入します。大胸筋を傷つける必要がなく、筋膜のおかげでシリコンバッグのシルエットも浮き出にくく、下垂した胸でも段差が生じにくいという特長があります。ただし、筋膜を剥がす為出血は多めで、神経も集中している為痛みも強めな傾向があります。

■乳腺下法

3つの挿入位置の中で体の一番浅い位置が、この乳腺下法になります。乳腺のすぐ下にシリコンバッグを挿入します。大胸筋や筋膜は剥がす必要がない為、一番リスクが小さく、また触った際の感触や揺れた際の動きが自然に見えやすいというメリットがあります。また、谷間をつくりやすく、下垂している方にも適した方法になります。ただし、一番浅い層にシリコンバッグがある為、痩せ型で皮下脂肪の薄い方の場合には、シリコンバッグの段差やシリコンバッグ表面の波うちが浮き出て見える可能性があります。

さて、いかがでしたでしょうか。適した挿入位置については、その方の体型や皮下脂肪の厚み、挿入するシリコンバッグのサイズによっても異なってきます。自分の体型や希望を医師と十分相談の上、挿入位置を決めることをお勧めます。

  • LINE!