脂肪吸引で身体にかかる負担はどれくらい?|「美女力アップ」塾

0120-360-489

土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!

脂肪吸引で身体にかかる負担はどれくらい?

痩身・ダイエット

Dummy

「美しい身体は手に入れたいけど、仕事は休めない」そんな悩みをお持ちの働く女性も多いはず。気になるのは、身体への負担かと思います。そこで今回は、術後の痛みや過ごし方についてご紹介します。

まず手術自体についてですが、日帰り手術が多いです。脂肪吸引する範囲等によっては1泊入院となることもあります。しかし、動けない人間を退院させるわけにはいきませんので、日帰り手術ができるということは、手術後何時間か後には歩けるということです。これ事実だけで、少し安心できますよね。
 勿論、もともと身体の中にあった組織を除去しているわけですから痛くないわけではないです。例えるならば、強い筋肉痛のような痛みが現れます。動かしたり、力を入れた際に“うっ”とくる、あの痛みをイメージしてください。特に手術後3日間は痛みが強く現れますので、安静に過ごすことをお勧めします。しかし、その後徐々に痛みは和らぎ1週間程度で落ち着いてきます。
 お仕事との調整で申しますと、3日間は仕事をお休み(3日以上の連休に手術するか、有給と土日を合わせて3日間休むなどの調整を)して、その後デスクワークから始めるようにされる方が多いです。無理は良くないですが、動かしてはいけないということではないので安心してください。仕事や家事で少し動く程度の運動は、血行がよくなり代謝も上がる為、内出血やむくみの改善に逆に効果的でもあります。

さて、以上はあくまで平均的なお話しをご紹介しましたが、「痛み」は特に感じ方に個人差がでやすい内容でもあります。無理をしないことが身体にとって一番ですので、可能であれば大型連休を活用したいものですよね。しかし、考えることは皆さん一緒なわけで、すごく早めに手術予約が埋まってしまうことも多々あります。早めの計画、早めの予約で、無理なく美しいボディラインを手に入れられることをお勧めします。

→脂肪吸引の詳細はこちら

  • LINE!