脂肪吸引できる脂肪とできない脂肪がある!? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!

脂肪吸引できる脂肪とできない脂肪がある!?

痩身・ダイエット

Dummy

皆さん、万能に見える脂肪吸引にも“吸引できる脂肪”と“吸引できない脂肪”が存在するってご存知でしたか?最終手段として脂肪吸引さえすればスレンダーボディを手に入れられるとお思いの方は、特にご注意を!もしかしたらあなたの脂肪は吸引できない脂肪ばかりかもしれませんよ?

さて、脅しはこのへんにして、本題に入ります。

■吸引できない脂肪の正体

まず、脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類が存在します。脂肪吸引できるのは皮下脂肪だけです。内臓脂肪は脂肪吸引で除去できません。その理由は、内臓脂肪は胃や腸を覆っている腸間膜に蓄積する脂肪であり、内臓にとても近い位置に存在する為安全性の問題で脂肪吸引は出来ません。

■内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪は脂肪吸引で除去できないと聞いてガッカリした方も多いと思います。しかし、皮下脂肪を「定期預金」と例えるなら、内臓脂肪は「普通預金」だと言われるほど、実は内臓脂肪は燃焼されやすい脂肪だと言われています。空腹時に消費されやすい脂肪も皮下脂肪ではなく、内臓脂肪になります。つまり、運動や食事制限などの一般的なダイエットで体積減少の効果が得られやすいのも内臓脂肪と言えますので、内臓脂肪の多い方は、脂肪吸引に頼らず地道にダイエットを頑張ってねということですね。

■内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方

それでは自分の脂肪は、ダイエットでしか減らせない内臓脂肪なのか、脂肪吸引できる皮下脂肪なのかが知りたいですよね。勿論医師の診察をお受け頂くのが一番なわけですが、今回は自分で判断する簡単な方法をご紹介します。まずは、皮下脂肪から。皮下脂肪はその名の通り皮膚の下にある脂肪で、筋肉の上にありますので手で“つまめます”。それにひきかえ、内臓脂肪は内臓の周りにある脂肪で、筋肉の下にありますので“つまめません”。男性のパンと張ったお腹は内臓脂肪の可能性大ですが、女性のブニブニとした脂肪はほとんど皮下脂肪と考えて頂いて大丈夫だと思います。


今回は脅し文句から話を入らせて頂きましたが、結局は、女性を悩ませる脂肪はほとんど皮下脂肪の為、脂肪吸引で除去できるので安心して貰って大丈夫ということでした。しかし、脂肪吸引を検討されていた内臓脂肪型の男性の方はショックな内容だったかもしれません。内臓脂肪の多い方は、「結果がでやすい」ということに希望を持って地道なダイエットを頑張って頂きたいと思います。

→脂肪吸引の詳細はこちら

  • LINE!