ヒアルロン酸、脂肪注入、シリコンバッグといろいろある豊胸術で一番安全なのはどれ? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!

ヒアルロン酸、脂肪注入、シリコンバッグといろいろある豊胸術で一番安全なのはどれ?

美バスト・豊胸

Dummy

調べれば調べるほどいろいろ出てくる豊胸術。どれが一番良い方法なのか迷ってしまいますよね。

①手術の手軽さ比較

まずは施術の手軽さの比較をしますと、ヒアルロン酸>脂肪注入>シリコンバッグ の順になります。ヒアルロン酸は手術を必要とせず、局所麻酔下にて注射で行える為、一番手軽です。脂肪注入は、静脈麻酔や全身麻酔での手術を必要としますが、脂肪吸引部で数㎜切るのみで胸部は注射で行う為2番目に手軽です。シリコンバッグは、挿入する為に4cm程度切開する必要があり、また大胸筋剥離等も行う場合はその分手術のリスクも上がり、手術後の痛みも増します。

②長期的にみた場合の比較

次に長期的に考えた場合で比較をしますと、脂肪注入>ヒアルロン酸>シリコンバッグ の順になります。シリコンバッグは、カプセル拘縮といって身体にとって異物であるシリコンバッグを身体から隔離しようとする反応がみられることがあります。また、長期的にみると破損のリスクもあり、10年程度で交換が推奨されていてメンテナンスの面でも手間がかかります。次にヒアルロン酸ですが、本来ヒトの体に含まれる成分の為基本的には免疫反応は起こりません。しかし、徐々に吸収される為定期的な再注入が必要です。また稀ではありますが、ヒアルロン酸であってもカプセル形成をする例も報告されています。では最後に脂肪注入についてですが、脂肪注入にもデメリットがないわけではありません。脂肪注入の場合は、注入した脂肪の壊死による嚢胞の形成や石灰化といった症状がみられることがあります。しかし、適切な方法で脂肪注入を行えば、嚢胞が出来ても小さく身体に悪影響を与えるものではありません。

さて、シリコンバッグを悪者のように見えてきてしまったかもしれませんが、メリット面でみてみると確実なボリュームアップが望めるのはシリコンバッグが一番だったりします。皆さんそれぞれ重要視される点は違うと思いますので、それぞれのメリット・デメリットを正しく把握し自分にあった豊胸術を選択してください。

→豊胸の詳細はこちら

  • LINE!