豊胸後の胸は仰向けになると不自然になる!? |「美女力アップ」塾

0120-360-489

土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

  • LINE!

豊胸後の胸は仰向けになると不自然になる!?

美バスト・豊胸

Dummy

豊胸を行うにあたり気になるポイントのひとつが、周囲の人間に“バレないか”どうかではないでしょうか。最近では、豊胸をしたかどうか見分ける方法として、「仰向けに寝た時の胸の形」がよく取り上げられています。さて、本当にこの方法で豊胸したことが“バレてしまう”のでしょうか。それぞれの豊胸方法別にみていきます。

①ヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸は胸の脂肪よりも多少は固いです。特に豊胸に使用されるヒアルロン酸は、顔に使用されるヒアルロン酸と違って持続性を保つ(つまり吸収されにくい)為に、粒子が大きいものを使用する為、少し固めの手触りになります。しかし、固いと言っても仰向けに寝ただけで見分けられるほど固くはありませんので“比較的バレにくい”と言えます。勿論胸のサイズに対して注入量が多すぎる場合は、バレやすくなってきますのでご注意ください。

②シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグは胸の脂肪と違い、仰向けに寝ても横に流れません。その為、一番“バレやすい”と言えます。しかし、元々の胸にある程度豊富に脂肪のある方の場合は、バッグの上にある胸の脂肪自体は流れるので見た目の違和感は小さくなり、“絶対バレる”ということではないと思います。

③脂肪注入

脂肪注入で注入した脂肪は、元々脚にあった脂肪であろうとお腹にあった脂肪であろうと注入した部位の脂肪と一体化します。その為、仰向けに寝た時は自然に脂肪が横に流れ、触った感触も温かく柔らかい脂肪そのものです。その為“とてもバレにくい”と言えます。ではなぜ“絶対バレない”とならないのかと言うと、脂肪注入では一部壊死した脂肪が吸収されずに残り、嚢胞とよばれる小さいしこりのようなものをつくることがあります。触った際にこの嚢胞に触れると、乳がんの心配をされるか、脂肪注入を疑われる可能性が0%ではないので、“絶対”の表現は避けておくことにしました。


今回は「仰向けに寝た時」にフォーカスしてバレやすさをご紹介しました。“バレやすさ”とは、元々の胸の状態などにもより変化するものです。術式選びは、求める結果とのバランスも重要になってきますので、十分に医師にご相談頂き、お決め頂ければと思います。

→豊胸の詳細はこちら

  • LINE!