シリコンバッグ抜去+同時CAL豊胸の受診理由

0120-360-489 土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

シリコンバッグ抜去を受けられた方の受信理由

 シリコンバッグ抜去と同時CAL豊胸を受けられた方々の受診理由

当セルポートクリニック横浜では、シリコンバッグ等の人工物による豊胸術の後遺症に対してCAL組織増大術を用いた治療を行っています。
シリコン バッグによる豊胸術は、バストの大幅なサイズアップが実現できる反面、仰向けになった時の不自然な形や違和感に悩む方も多いでしょう。当院ではシリコン バッグによる豊胸術を受けられてから10年以上過ぎている方、硬く被膜拘縮を起こしている方、痛みのある方などが多く来院されています。
当院で行っている「シリコンバッグ抜去と同時CAL豊胸」は、豊胸術で入れたシリコンバッグや生理食塩水バッグなどの抜去と同時にCAL手術を行います。同時に行うことで、できるだけバストサイズを維持したまま自然な形のバストを取り戻すことが可能です。

バッグの抜去を考えた理由

バッグをいれている患者さんの多くは、バッグの破損、シリコンの漏れ、ひきつれや拘縮、左右の違い、肩こりや頭痛、不自然さ、乳がん検診を受けにくいなど、沢山の悩みをお持ちです。このような悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

バッグの抜去を考えた理由

バッグを抜去するまでの年数

バッグを入れている方は定期的な検査を受けるほうが良いのですが、なかなか足を運ぶことが無いようです。何年間も不安を抱え抜去した患者さんもたくさんいます。
バスト本来の感触より固い気がする、皮膚が張っている気がする、固いだけでなく痛みや不快感が出てくる、といった症状が出てきた方は一度ご相談ください。

バッグを抜去するまでの年数