CALについて

0120-360-489 土日祝診療 木曜休診

診療時間:10:00~18:00、電話受付:10:00~18:00

CAL

 CALについて

自分の幹細胞を使う医療技術 「CAL(Cell Assisted Lipotransfer)」

「CAL組織増大術(CAL)」は、ご自身の脂肪と脂肪由来幹細胞(幹細胞)を用いる新しい医療技術です。注入する脂肪の中の幹細胞の密度を高めることにより、CALは従来の脂肪注入術よりも、脂肪の生着率を高める事ができるようになりました。
脂肪と共に乳房や顔へ注入された幹細胞は、次世代の脂肪細胞として生着します。また新しい血管をつくる働きも担い、脂肪の生着を促します。そのためCALで再建した乳房や顔の組織は柔らかく、自然な感触が持続するという特長があります。


幹細胞注入の歴史

幹細胞注入の歴史

古くから体の様々な部位の形を整えるために脂肪の移植が行われてきました。1980年代ごろからは吸引脂肪技術の発達もあり、塊の脂肪ではなく、吸引した脂肪が用いられるようになりました。
しかし、当時から注入した吸引脂肪の生着率(移植した部位にどのくらい残るか)の低さは課題とされてきました。生着する割合は低いものの、自分の脂肪を移植して体のやわらかい部分のボリュームを増す手術として、脂肪注入手術は受け入れられてきました。

CALの原理

CALの原理

東京大学形成外科学教室との共同研究の結果、「吸引した脂肪組織には、幹細胞が不十分な量しか含まれていない」ことが分かりました。このことが移植した脂 肪の生着率が低いことの原因でした。脂肪吸引は細い管を通して脂肪を吸い出します。その時に脂肪細胞が壊れたり、幹細胞が減ったりすることから、そのままでは移植した脂肪の多くが死んでしまいます。
研究の結果、移植する脂肪に幹細胞を追加しておくと、新しい脂肪細胞を生み出して補充してくれることが分かりました。「幹細胞を追加する新しい脂肪注入=CAL」は、東京大学との共同研究の成果としてうまれました。

臨床研究

臨床研究

新しい治療方法は、まず医療機関で臨床研究が行われます。CALは東京大学で臨床研究が行われました。臨床研究で重要視されるのは、安全性です。CALは患者様自身の幹細胞を使いますし、細胞に対して培養や遺伝子操作は行われません。手術時間も数時間で終 了する治療です。倫理委員会で多くの専門家による審査を受けて開始されました。

CALは世界へ

大学との共同研究、大学病院での臨床研究を経て、CALはセル ポートクリニック横浜で提供される「高度美容外科医療」となりました。2006年7月に開院して以来、2015年3月までの間に800人を超える方が CALを受けています。当院では、乳がん手術後の乳房再建や顔面変性疾患再建、バッグ抜去後の脂肪移植などにCALを用いています。
今では全国の医療機関から様々な悩みを抱える患者様をご紹介いただくようになりました。また世界中から見学の医師が訪れ、当院の医師たちと交流していま す。CALを行うためには、医師、看護師、細胞処理技師、カウンセラーなど全てのスタッフの教育が必要です。また幹細胞のための特別な設備や入院の設備も整えています。
セルポートクリニック横浜は、「高度美容外科専門クリニック」として高度美容及び高度再建医療を提供します。そして2010年、当院は海外の医療機関と提携して技術移転を進めることになりました。これまでCALは横浜でしか受けることができなかったため、海外の 患者様には横浜まで来ていただいていました。世界中の多くの患者様にCALを提供できるよう、これからはこの技術を世界へ広めていきます。

 脂肪注入とCALの違い

「CAL組織増大術(CAL)」は、脂肪由来幹細胞(幹細胞)を多く含む脂肪を乳房や顔などに注入する手術です。脂肪注入とCALの違いは、注入する脂肪に含まれる幹細胞の「数」にあります。

細胞処理の方法

 幹細胞とは

CALで脂肪と一緒に注入される幹細胞には、大きく分けて2つの働きがあります。

幹細胞とは

新しく脂肪細胞を作り出す働き

その一つは、新しく脂肪細胞を作り出す働きです。脂肪細胞は2年から3年の寿命だと言われています。今の脂肪細胞が寿命を迎えるとき、幹細胞があれば新し い脂肪細胞を作り出すことができます。幹細胞がたくさんあると、今の脂肪細胞が年をとっても、次々に新しい脂肪細胞が生まれてきて、脂肪が減ることがないのです。

血管をつくる働き

幹細胞のもう一つの働きは、血管をつくることです。血管は栄養と酸素を運びます。注入した脂肪に新しい血管がはりめぐらされ、栄養がゆきわたり、脂肪が生きていくための良好な環境ができあがります。
これまでの脂肪注入では、幹細胞が少ない脂肪を注入していたため、ほとんどの脂肪が生着することができず、注入した脂肪が減ってしまうことが課題でした。CALはその課題を幹細胞の力で解決する新しい医療技術です。